05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

rie

Author:rie
埼玉県川口市在住。
環境省環境カウンセラー、NPO法人川口市民環境会議/代表理事。

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
05/05

平和憲法

Category : 未分類
5月3日。憲法記念日が60回、人で言えば還暦を迎えた。日ごろわたし達は当然のように自然に生活していますが、この憲法に守られていることも確かなのです。 が、果たして、豊かに生活する権利が守られているかといったら決してそうでもない。もう一度、憲法を読み直してみるのも良いかと思った日です。まして今、憲法を古くなったから、変えてしまおうという風が吹き始めている。 教育基本法も見直され、憲法9条も変えようという方向に向かっている。何か気持ちの良くない予感がする。 今日のA新聞に意見広告が賛同金で実現されて、匿名の方もありますが、賛同者名が記載されていいたのを発見。 日本国憲法第9条〔戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認〕 ①日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。②前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 これはとっても大事な事です。私たち小市民が頑張って、守って欲しいことを伝ええていかないと、一番初めに、変えられてしまいそうで怖いです。 若い人たちが、これを守らないと、戦争に借り出されても何も言えなくなります。子供を持っている大人が守ってあげないと。1秒間に320万円の軍事費が使われています。戦争が起これば国防費に加えて戦費がかかる。イラン戦争では747億ドル約9兆円の戦費が予算として計上された(ダイヤモンド社 1秒の世界より)。 教育費にこれくらいかけられたら、さぞ優秀な子ども達が育てられることでしょう。高齢化社会のために準備しておいたら、救われる人がどれ程増えることでしょう。人権を守るとはそう言うことではないのでしょうか?byウサギ
スポンサーサイト
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。