07
06月08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

rie

Author:rie
埼玉県川口市在住。
環境省環境カウンセラー、NPO法人川口市民環境会議/代表理事。

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
08/23

しんきゅうさん

Category : 未分類
しんきゅうさん」・・・はじめて使ってみました。 これは省エネ製品買換ナビゲーションサイトで、チームマイナス6%、国内家電メーカー、家電販売店などが連携して作った、省エネ製品への買換えによるCO2削減効果やランニングコスト低減効果等を簡単に把握できるシステムです。 以前から存在は知っていたのですが、自分の家の冷蔵庫をどうしようかなぁ・・・と初めて真剣にチャレンジ!15年前に購入した冷蔵庫、今年の夏は特にうんうん唸ってるので・・・ 大まかな目安にはなりましたが、いまひとつ具体的な効果がピンとこなかったので、冷蔵庫の取扱説明書を取り出し、年間消費電力量を計算し、とはまってしまった「しんきゅうさん」はざっくりした比較なので、やっぱりちょっと(だいぶ)違いましたが、それでも今販売されている製品のほうがだんぜん省エネになることが分かり、ついてくるエコポイントや価格と合わせ・・・考え中。 家庭から出るCO2は、1世帯あたり年間約5200kg。もし現時点から25%減らそうとすると、1300kgの削減が必要です。こまめなエコ、家電製品の買換え、車との付き合い方検討、太陽光発電などの創エネ・・・具体的に考えていくとより現実性を帯びてきます。後は・・・この普及をどうするか。 ただ・・・環境省が来年度から検討を考えている、アドバイザー(環境コンシェルジュ)が家庭に入ってのエコ診断はちょっと難しいように思います。自分の家に他人が来て、色々調べられるのは普通の人は抵抗あるんじゃないのかなぁ・・・。アドバイザーには、電気やガスやリフォームの業者さんも想定されているようですが、買換えのアドバイスもするとなると、自社の製品を進められたり、無理に進めなかったとしても、何となくあまり気が乗らないのに買う流れになってしまわないかと心配。そういうのを考えると、手を挙げてくれる家庭は少ないのでは。どうでしょう。
 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。