07
06月08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

rie

Author:rie
埼玉県川口市在住。
環境省環境カウンセラー、NPO法人川口市民環境会議/代表理事。

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
09/08

介護支援いろいろ

Category : 未分類
ようやく少し一段落(たぶん)しましたが、8月末から認知症の可能性のある義父と住むようになり、しばらくあっち行ったりこっち行ったりの毎日でした。

7月に同居が決まり、「これからどうしようか…」と手探りで訪ねた近所の介護施設の方に、全国各地に「地域包括支援センターというところがあるので、まずはそこに行ってみたら」と教えてもらい、さっそく住んでいる戸塚地域の包括支援センターに行き、色々とアドバイスしていただきました。地域包括支援センターというのは、”地域で暮らす高齢のみなさんを、介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支える窓口”だそうです。先週、要介護認定の申請手続きをすませ、来週認定調査、その後最終結果が出るまでに1ヶ月以上かかるみたいです。

平行して、持病を診てもらったお医者さんに認知症専門の病院に行ったほうがいいと紹介していただき、木曜日に行ってきました(やっぱり認知症だということでした…)。病院までは駅から送迎バスが出ていて、とても便利です。病院の周りにはデイサービスなどの関連施設もあり、こちらの利用申請もしてきました。そこのデイサービスは、医療保険でのデイケアなので、介護保険のサービスと併用して利用できるんだそうです(=介護保険のサービスは、介護度によって利用できる回数が決まっているんだそうです)。また、自立支援医療費制度も利用できるとのことで、認定がおりれば自己負担上限額が設定されるとのこと。色々とお聞きできてよかったです。

「認知症かな?」と思ったら…
公益社団法人認知症の人と家族の会」が発行するパンフレットがとてもわかりやすかったです(HPも参考になりそうです)。その中に、”家族がつくった認知症・早期発見のめやす”というのがあり、ここは特に参考になりました。「あれ?」と思う行動も、病気のためだったんだなぁと納得。アルツハイマー型認知症であれば、早めに適切な対応をすれば進行がるゆやかになることもあるそうです。長く続くことなので、お医者さんや介護サービスなどの助けを借りながら続けていくのがいいでしょうとのこと。なので、まずは「地域包括支援センター」に行くのがおすすめ!です。
 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。