06
05月07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

rie

Author:rie
埼玉県川口市在住。
環境省環境カウンセラー、NPO法人川口市民環境会議/代表理事。

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
04/17

26人待ち

Category : 未分類
31wqmI66M7L__SL500_AA300_.jpg
2か月くらい前に、新聞の書籍紹介コーナーに掲載されていた本です。
面白そうだったのですぐに図書館に予約を入れ、少し前に借りて読んでました。でも貸出期間中に最後まで読み終えることができず、昨日、空港からの帰り道に立ち寄った本屋さんで見つけたので、結局買うことに…。

本の中身は、このままさまざまな環境問題の対策を放置すると(特に温暖化対策について)…2052年までにこんな世界となってしまうだろうという内容です。著者は、1972年に「成長の限界」を発表したローマ・クラブのメンバーの1人、ヨルゲン・ランダース氏。

ローマ・クラブは、1972年に、「このままの勢いで成長を続けると、やがて地球の限界に達し、資源は無くなり、汚染物質は地球が処理できなくなるほど増え、食料は不足してしまう…そうなる前に、対策を!」という警告を発しました。しかしその後、1992年の地球サミットでも、2002年のヨハネスブルグでのサミットでも、世界は大きな方向転換をすることはなく…問題はますます深刻化しています。そのことに危惧を抱いたヨルゲン・ランダース氏が、このままだとこうなってしまう…ということをさまざまなデータから予測したのがこの本です。

本のことは読み終えてからまた書きたいと思いますが、すごいなと思ったのが、関心の高さでした。図書館の予約待ちが、私は早かったので6番目の予約でしたが…少し後に再びみてみると、なんと26人待ちになってました川口市内だけでも、少なくない人が関心を持っているんですね。
 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。