10
09月11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rie

Author:rie
埼玉県川口市在住。
環境省環境カウンセラー、NPO法人川口市民環境会議/代表理事。

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
10/30

自治基本条例策定委員会

Category : 未分類
前回も書きましたが、昨夜は「川口市自治基本条例策定委員会/第3部会」でした。今回は、先日の全体会で承認された「素素案」についての検討です。 ここのところ、ずっと気になっていたことを投げかけてみました。現在の「素素案」には、「目的」としてこう書かれています。”この条例は、前文に掲げる自治の基本理念に則り、本市における自治の基本原則、市民の権利及び役割、議会及び市長の責務並びに行政運営の原則を定めることにより、市民が主人公であり、市民の権利を実現する市政を確立することを目的とする。” ひっかかっていたのは、最後の箇所です。”市民が主人公”まではわかるのですが、”自治基本条例は”市民の権利を実現する市政を確立する”ため・・・これがこの条例の目的なのでしょうか?私は、自分たちのまちを自分たちで治めるルールを決める・・・のが、この条例だと思っているのですが・・・。このベースにあるのが協働なのではないのかなと思うのですが。 そう率直に疑問をお話しました。しばらくの間このやりとりが続き・・・最後には結局はみな思っていることは同じだということがわかりました。が、まずは市民の権利が保障されないと協働も成り立たないのではという意見や、協働については(市民が)単なる下請けのような形になってしまうのを心配し(定義づけには)とても慎重になっているという意見もあり、皆さんの色々な考えをお聞きすることができました。起草委員会から、今後、現在の素素案からは大きく変えない方針であるという説明をお聞きしました。 しばらく話が続き、最終的にこの部会では、”市民の権利を実現”ではなく、”市民の幸せを実現”という表現にしたいということに話がまとまりました。 この市を私たちはどのように治めていきたいのか、今回率直に皆さんとお話する時間を持てたことはとても良かったと思います。協働について決して否定的な考えではなく、より良い協働が生まれるようにとの配慮からだということも分かりました。ただ・・・色々な学説があるようで、いまひとつ一部の学説についてはまだよく理解できていないのですが・・・他の部会ではどうだったでしょうか? 自治基本条例「素素案」については、「こちら」から見ることができます。現在パブコメ募集中!
 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。